生産・販売中止の「ノート7」を巡って集団訴訟

顧客3人が米国のニュージャージー州で

10月18日、韓国サムスン電子が生産・販売を打ち切った新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」をめぐり、顧客3人が米連邦裁判所に集団訴訟を起こしたことが分かった。ハノイで12日撮影(2016年 ロイター/KHAM)

[18日 ロイター] - 韓国サムスン電子<005930.KS>が生産・販売を打ち切った新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」をめぐり、顧客3人が16日、米ニュージャージー州ニューアークの連邦裁判所に集団訴訟を起こしたことが分かった。

サムスン電子は9月初めに、バッテリーの不具合で発火の恐れがあるとしてノート7のリコールを発表した。

訴状によると、顧客はリコールを受けてノート7の使用をやめたが、交換に数日あるいは数週間かかると言われ、使用していないスマホの機種代やプラン料金を引き続き負担させられたとしている。

サムスン電子の米国部門広報担当者はコメントを控えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。