東栄住宅

「消費増税は無視」「繰り上げ返済しない」
賢く借りて賢く返す住宅ローンとは?

日銀がマイナス金利を導入して10カ月が経とうとしている。その間、住宅ローンは変動金利タイプ、固定金利タイプともに下がり続け、今では住宅購入希望者にとっては千載一遇のチャンスとなっている。今だからこその賢い借り方、返し方とは。

史上空前の低金利も
2カ月連続わずかに上昇

「住宅ローンを組んで家を買うのに、これほどいい時期はありません。親のスネをかじってでも買うことをオススメします。しかも物件を吟味して、『長期優良住宅』などの『環境配慮型』の一戸建て住宅などを賢く選択すれば、さらなる金利優遇も受けられる。金利という点では、このチャンスを逃す手はありません」

山口京子
やまぐちきょうこ
ファイナンシャルプランナー。1966年名古屋生まれ。金城学院大学卒業。元フリーアナウンサー。情報サイトオールアバウト『家計管理』『お金美人のすすめ』執筆、テレビ、ラジオ、セミナーで活動中。近著に「お金に泣かされないための100の法則」がある

こう断言するのは、ファイナンシャルプランナーの山口京子氏。自身も都内に一戸建てを構え、ローン返済中の身でもある(2年でローンの完済費用を貯めたツワモノでもある)。

今年10月のある銀行の住宅ローン金利(変動)は、なんと0.45%。いまだ史上空前の低金利が続いている。だが、長期固定型住宅ローン「フラット35」の金利が2カ月連続で上昇(10月時点)するなど金利上昇の兆候もあり、あまりのんびり構えてもいられない。住宅購入希望者にとっては、「今」がまさに千載一遇のチャンスなのだ。

「いざ住宅ローンを組むとなると、悩ましいのは『変動金利』か『固定金利』か、ですよね。結論から言うと、今なら固定金利を選択するのが賢い借り方です。以前は変動金利が1%上がったくらいで固定に借り換えるという方法もありましたが、今は変動と固定の金利差が1%以下。それなら、最初から固定にしておいたほうが、リスクも少なく、気持ちも楽です」

固定金利にもいくつかタイプがある。住宅ローン返済終了までずっと金利が変わらない「全期間固定金利型」。2、3、5、10、15年など当初の一定期間を固定する「固定金利期間選択型」。この場合、固定期間終了後は、新たに固定金利期間を設定するか、変動金利に切り替えるかを選ぶことができる。全期間固定の代表格である「フラット35」の金利が1%台前半。一見、長期で借りたほうがお得感があるが、平均的な住宅ローン完済期間は13.7年というデータもある(2014年アットホーム「『住宅ローン完済』の実態調査」)。「固定」の期間はどうやって選ぶのがいいのだろうか。

次ページ10年間は、繰り上げ返済はしなくていい
お問い合わせ
東栄住宅
東京都西東京市芝久保町4-26-3
 042-463-0220
コーポレートサイト
ブルーミングガーデン
やっぱり戸建てに暮らしたい
Vol.1 戸建てを希望する人が70%という現実
ページはこちら
Vol.2 今どきの「建売住宅」で失敗しない五箇条
ページはこちら
Vol.4 業界別平均年収ランキング、年収別シミュレーション
ページはこちら
Vol.5 ヒートショックを防ぐ家、防げない家
ページはこちら