アップル、IBMで培った「1秒で瞬断する力」

山元賢治・元アップル・ジャパン社長に聞く

外資系に30年、各社の「黄金期」に立ち会い、アップル・ジャパン社長時代には、iPod、iPhoneの日本市場投入を手掛けた山本賢治氏。著書の『「これからの世界」で働く君たちへ』では、未曾有の変化の時代を生き抜くには「新しい当たり前」を備える必要があると主張している。

ジョブズの口説き文句

──アップルでのエピソードが豊富です。

「キミにも娘さんがいるそうだが、アップルとオラクル、どちらに勤めているほうがカッコいいと思うかな」。これが、僕に転職を促したスティーブ・ジョブズの決め言葉だ。34歳から15年間、米国人の上司と仕事をしてきたが、中でもジョブズの言葉はいつも印象的だった。

──iPhoneにおサイフ機能をつけませんでしたね。

おサイフ機能は日本では必要と思ったのだが、ジョブズに一蹴された。もともとこの技術は世界標準にはなりにくい。

一方、iPadに電話機能をつけてくれと言ったら、こちらはノーアンサーで、無視された。ケータイは簡潔なメールに使われるのがほとんどだから、小さくていいという判断だったらしい。この件は、100対3ぐらいで、僕の勝ち。筐体がどんどん大きくなってきている。アップルは今でも好きでいろいろ持っているが、読書はキンドルでする。アマゾンの豊富なコンテンツが魅力だ。

アップル在任中のことについて自由に話したり書いたりできるようになったのは、辞めて3年以上経ったからだ。アップルでは原田(泳幸・日本マクドナルドCEO)さんの後任だったものだから、辞めた際にファストフードチェーンから求人をたくさんいただいたが、おとなしく経営塾を営んできた。

次ページ外国人との交渉の原則
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ソニー復活の虚実

2017年度は最高営業利益を狙うソニー。しかし、過去10年は経営が苦しく、新規事業の仕込みが十分にできていない。次の成長事業が見つからなければ、再び下り坂が待ち受ける。