約90万円!BESSのログ小屋が楽しすぎる

キーワードは「外とつながって楽しむ」

約6畳の小さな空間から生まれる「楽しい」時間

最近はSuMiKaや無印良品、東急ハンズなどさまざまな会社が「小屋」を企画・販売しはじめ、「小屋」のニーズはひそかに拡大している。そんななか、ログハウスでお馴染みの“BESS”が自作できる「ログ小屋」の販売を開始した。BESSブランドを全国展開するアールシーコアに取材、「小屋」の新しい使い方を聞いてみた。

未経験でも建てられる! シンプルなログ小屋

当記事はSUUMOジャーナルの提供記事です

訪ねたのは、ログハウスをメインに木の家を手掛けるBESSの代官山展示場。2016年8月にログ小屋を発表、その際、社員たちが自ら小屋を建てたというので、実物を見学に行ったのだ。展示場に入るとすぐ左手に、まさに「可愛い」という表現がぴったりのシンプルな小屋が2つ並んでいる。どちらも面積は確認申請が不要なサイズの約6畳(約10m2)で本物のログ仕上げ。コンクリートの基礎はプロによる施工だが、2棟のうち1棟は壁や屋根はDIY経験の浅い若手社員たちによるセルフビルドとのこと。

コンプリートキットのログを積んでダボを打ちこむ。作業をしているのは小屋づくり初心者のBESS社員たち。みんなで力を合わせてつくり上げる時間も小屋づくりの面白さといえる

そもそもログハウスは在来工法のように、柱を立て断熱材を入れ、壁紙を張るわけでなく、ログ材(丸太)を積み上げることで建物が完成する。

このログ小屋は部材がすべてキット化されている商品。そのため基礎の上に土台を置き、ログ材にあらかじめ書かれた番号を図面に照らし合わせその通りに積みあげ、木槌(きづち)でダボを打ち込み固定していくことでカタチになる。ブロックを積み上げるのに近いイメージだ。

次ページ図面を見ながら、自分たちで
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。