日本は豪州と引き分け、W杯アジア最終予選

4試合を終えてB組3位

 10月11日、サッカーの2018年W杯アジア最終予選、B組の日本はメルボルンでオーストラリアと1─1で引き分けた。原口元気が先制ゴール(2016年 ロイター/David Gray)

[メルボルン 11日 ロイター] - サッカーの2018年ワールドカップ(W杯)アジア最終予選は11日、各地で第4戦を行い、B組の日本はメルボルンでオーストラリアと1─1で引き分けた。

日本は前半5分に原口元気のゴールで先制。しかし後半にその原口のファウルから相手にPKを献上。これを決められて同点に追いつかれた。

バヒド・ハリルホジッチ監督は試合後の会見で、「後悔はしていない。少しフラストレーションはあるが、戦術の準備をしっかりして、フィジカル状態を管理し、選手は素晴らしい試合をしてくれた」と述べた。

そのほかイラクはタイを4─0で下し、サウジアラビアはアラブ首長国連邦(UAE)に3─0で勝利した。

4試合を終えてサウジアラビアが勝ち点10の首位。オーストラリアが同8、日本が同7、UAEが6で続く。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
朴槿恵大統領の罪と罰

韓国検察は朴大統領を同国憲政史上初めて立件した。親友を不当に国政へ介入させた容疑だ。支持率は史上最低の1ケタ、政権はもはや死に体。対日関係は再び不安定化するのか。