子育て「スマホ悪玉論」は何がおかしいのか

スマホをいじりながら授乳したらダメなの?

実際にスマホ・ネットを活用中の現役ママに聞く、「スマホと育児」の話

さてさて、と言うわけで、ここはやはり実際にスマホ・ネットを活用中の現役ママにも「スマホと育児」のお話を聞かなければ! 今回はおふたりのママにインタビューさせて頂きました。

Tさん:3児のママ。3人目は8月に生まれたばかり
Aさん:1児のママ。もうすぐ1歳

――子育てにアプリを活用し始めたのはいつ頃からですか?

Tさん:私はすぐ使いはじめました。ミルクをいつ飲んだかとか、うんちが出たかなどを記録する「ログアプリ」があって、生後2カ月くらいまでは使いますね。

Aさん:私は子連れで外出をはじめた頃からですね。外出先で、近くの授乳室を探せるアプリがあるんです。あと「写真共有アプリ」も使っています。これは招待した人(家族だけ、とか)限定で写真を見せられるので、おじいちゃんおばあちゃんに見せたい時などに便利ですね。

――なるほど。「ログアプリ」「授乳室アプリ」は知りませんでした。ちなみに子育てに関する情報はどうやって手に入れていますか?

Aさん:とにかくもう、テレビ・ネット・お医者さん・自分の両親、周りの方々……本当にたくさんの情報があふれています。うまく「取捨選択」して、情報の真偽を確かめる力が問われる分野ですよ。

Tさん:私もそう思います。情報ソースや反対意見も探して、最後は自分で決めないといけないですから。

――根拠やデータ母数が少ない情報も多いですね。

Tさん:個人の経験や迷信が信じられやすい分野なんだとも思います。うっかり自分の意見を話せない。特に「食育」「幼児教育」は、触れるとかなり面倒になるので、たいてい黙っています(笑)。

とにかく親の真似をするのが子どもです
次ページ子育てに関する情報はどう入手?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
人生に差がつく経済学<br>行動経済学で賢くなる!

キャリアでも恋愛・結婚でも役立つ、行動経済学。今年、ノーベル経済学賞を受賞した分野だ。人間の非合理的な行動を説明し、働く人に有益。経済学者とライザップ社長の対談も掲載。