インデックス運用には価値観や美意識はない−−澤上篤人 さわかみ投信代表取締役

インデックス運用には価値観や美意識はない−−澤上篤人 さわかみ投信代表取締役

個人投資家の間において、インデックス投信やETFに対する人気が急速な高まりを見せている。果たして、長期の資産形成の核に据えるのにもっともふさわしい投信はインデックス投信やETFなのか?

--最近は、個人投資家の間でも、インデックス運用やETFに対する興味が高まっています。こういったファンドは長期の資産づくりには役に立ちますか。

『超』長期的な財産づくりという観点からすれば、インデックス・ファンドやETFに投資して、保有しっ放しというのも悪くないでしょう。なぜかというと、インデックスに採用されている会社の中には、勢いよく伸びている会社もあり、また衰退していく会社もありますが、長くみていれたら全体的には緩やかに右肩上がりするだろうと思うからです。まして手数料が安いということであれば、インデックス・ファンドも良い選択だと思います。

--個人投資家のインデックス、ETF人気の背景には、インデックスに対して超過リターンの獲得を狙うことを目指すアクティブ運用よりもインデックス・ファンドのほうが成績が良い、といった見方が広く浸透してきたことも手伝っているようです。

アクティブ運用とインデックスを比べる統計処理においては、つぶれたファンドやつぶれる寸前のファンドなども、その時々の計算に入っているでしょう。そうなると、アクティブ運用の平均的な成績はインデックスよりも劣るのかもしれません。

ただ、アクティブ運用にも良いものもあれば悪いものもあります。アクティブが平均的にはインデックスに勝てないという統計がある一方で、高い確率でインデックスに勝ち続けているファンドは世界中にごろごろあることも事実です。さわかみファンドも、設定以来、TOPIXを遥かに上回る成績を上げています。今、仕込んでいる投資が実れば、インデックスとの差はもっと広がるでしょう。インデックス、パッシブ運用信奉者はそれを買えばよい。こちらはもう少し、面白みを加えた運用をしているわけです。

--市場自体に追随することを目的とするインデックス・ファンドやETFでは「アクティブ運用は平均的にインデックスに勝てない」ということが哲学でしょうから、さわかみファンドとは考え方がまったく異なっています。

これは非常に大事なポイントです。「投資」というものは、財産づくりだけでなく、むしろもっと大きな意味合いを含むものなのです。先ほど「長期投資で金銭的自立を、自分の年金づくりを」と語ったことからすれば、やや矛盾すると思われるかもしれませんが。

経済はすべておカネを手放すことから成り立っています。お店を経営する場合を例に上げましょう。仕入れを行った瞬間に、自分のおカネは減るでしょう。これを商品として売ってはじめて利益が出ます。儲けがその辺にころがっているわけではありません。では、こうした商売をやっている人、工場でモノを作っている人はどんな思いで仕事をやっていますか? カネ儲け、カネ儲けと声高に言ったところで、世の中がその商品やサービスを評価してくれない限り、利益は生まれません。ビジネスはいつの時代も「世の中のために必要な商品やサービスを提供したい」という"思い"で成り立っているのです。

実は、投資もこれと同じです。「投資」とは資本を投ずる、手放すということです。おカネを投ずることによって、「こんな社会を作りたい」、「こういった価値観を追求したい」といった思いを表現するのです。そのような思いを実現してくれる会社を頑張って応援するのです。それによって、社会が良いほうに向かえば、それがまさに"リターン"と言えます。後からおカネもリターンとしてついてきますが、これは「お天道様」からいただいたようなものですね。

大事なのは、自分たちの美意識や価値観をはっきりと打ち出して、それをおカネに託すこと。そう考えると、インデックスはしょせんインデックスなのです。何に投資しているのかこだわりなく、いかにおカネを増やすかに注力するためのファンドなのですから。こだわる人はインデックスにこだわれば良い。ただ、われわれは興味がないですね。ありがとう投信やおらが町投信でも同じです。そういう価値観を持って、そういう思いを込めたファンドを選んで投資していますから。
(聞き手 水落隆博 撮影:梅谷秀司)


澤上 篤人 さわかみ・あつと
1947年、名古屋市生まれ。70年から74年までスイス・キャピタル・インターナショナルでアナリスト兼ファンドアドバイザー。73年、ジュネーブ大学付属国際問題研究所国際経済学修士課程履修。80年から96年までピクテ・ジャパン代表を務める。96年、さわかみ投資顧問を設立。99年に日本初の独立系投資信託会社、さわかみ投信を設立。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
最強コスパで選ぶ保険

保険料というコスト、保障というパフォーマンス。2つのバランスを考えたコストパフォーマンス・ランキングでわかる最強の保険選び。注目の新商品から保険見直しの裏技まで紹介。