「ハフポスト」はメディア勢力図を変えるか

ハフィントンポスト日本版がスタート。いったい何者なのか。

米AOL傘下のザ・ハフィントン・ポスト・メディアグループが51%、朝日新聞社が49%出資する合弁会社の無料ニュースサイト「ハフィントンポスト日本版」が5月7日、サービスを開始した。米国版は月間訪問者数6300万人を誇る巨大サイトだ。

日本でも米国同様、多くのユーザーを集められるかどうかは今の時点ではわからない。しかし、長らくヤフーニュースがトップの座に君臨し、新聞社系サイトが上位を占めてきた日本のニュースメディアの勢力図が流動化することは間違いない。読者のニュースの消費の仕方に、大きな変化が起こっているためだ。

勃興する「まとめ」

大きな変化とは、ニュースのアグリゲーション(まとめ)を行うサイトの台頭だ。急伸しているのがLINEが運営する「ネイバーまとめ」。調査会社ニールセンによると2013年3月の月間訪問者数は1418万人と、前年同月比で2・4倍になった。一つの出来事について、ニュース本編だけでなくツイッターで発せられた有識者の意見などが時系列でまとめられており、ニュースのアウトラインをざっくりなぞれる。

次ページ「まとめ」は熱い市場に
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。