築地は「食のプロ」が生み出した伝統文化だ

日々の真剣勝負が巨大な市場を支えている

「築地は何よりも信頼関係が大切です。小さな信用を少しずつ重ね、“こいつのためなら何とかしてやろう”と思い合えることで、入荷が少ない時にもお目当ての品を手に入れることができるんです」と佐藤さんは話す。

にっぱん水産が築地市場での売買参加者に名乗りを上げたのには、“消費者に美味しい魚を届けたい”という熱い想いからだった。

代表取締役社長の貫田貢司さんはこう話す。「自分たちの役目は、美味しい魚を提供することで、消費者であるお客さまに喜びを感じてもらうこと。自分たちの目で確かな品を選び、この手で届けたいという想いから、築地市場で勝負を始めたのです」。

わたしたちが日々、何気なく口に運んでいるおいしい魚は、こうして市場で奮闘する人々の熱意が込められているのだ。

築地から受け継がれていくもの

築地市場に関わるさまざまな魚のプロたち。

そのプロたちが繰り広げる日々の真剣勝負、そしてその勝負を支える確固たる経験と技、信頼関係、そのすべてが築地市場を築き上げてきた。

現在、豊洲市場への移転が検討されているが、たとえ場所が移ろうとも、日本橋魚市場の時代から脈々と受け継がれ、食のプロが築き上げてきた伝統と文化は、これからも途切れることなく、受け継がれていくことを望む。

(Writer : YUKI MOTOMURA / Photographer : CHIE MARUYAMA)

築地市場
東京都中央区築地5丁目2−1
SHUN GATEの関連記事
小さな町にあふれる大きな“りんご愛”
地元、三陸を愛する若手漁師が伝える「三陸ワカメ」の魅力
最高のご馳走は「地産地消」にあり

 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。