コーヒー豆はウイスキー樽で進化を遂げる

エンジニアが発見した新しい味わい

クーパーズ・カスクが作り出すコーヒー豆。単一産地の豆にウィスキー樽のアロマが加わる(写真提供:Cooper’s Cask Coffee)

生産者支援団体であるコーヒー品質協会(CQI)のトリシュ・ロスギブ氏が2002年、女性の社会進出などを背景にコーヒー界にも「第三の波(サードウェーブ)」が来たと評した時、朝の一杯には、品質、熟練度、持続可能性、個性、複雑さ、そしてすぐに飲めるという要素が加わった。

手作業で淹れたコーヒーはこれで、素晴らしいワインやクラフトビール、職人が焼いたパンと並ぶ地位を獲得した。

さて、コーヒーは、もうちょっとだけ進んだようだ。

「樽づくりの職人」にちなんで命名

米東部ロードアイランド州生まれの新興企業クーパーズ・カスク・コーヒーは、ウィスキーを入れる木製の樽(カスク)と、何世紀にもわたって活躍した樽づくり職人(クーパーズ)にちなんで名付けられた。

この会社の職人は単一産地のコーヒー豆を慎重に混ぜ合わせ、ウィスキーづくりに使われた樽に貯蔵することで「サードウェーブ(第三の波)」にふさわしいコーヒーを作り出す。

豆は樽から出され焙煎された後、日付と職人の署名が記された袋に手作業で詰められる。職人のジェイソン・マラニョンとジョン・スペイツの2人は、ウイスキーと豆に関するテイスティングノートを慎重に並べる。ウィスキー樽がそのアロマを豆に伝えることにより、きらめくようで、複雑で、示唆に富んだコーヒーを作り出す。

次ページウィスキー樽貯蔵の効果とは?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。