ブルーオリジン、ロケット打ち上げ実験成功

2018年までに商業飛行開始目指す

 10月5日、米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者が起業した航空宇宙会社ブルーオリジンは、テキサス州の試験施設でロケットの打ち上げ実験を実施した。ブルーオリジン提供写真(2016年 ロイター)

[ 5日 ロイター] - 米アマゾン・ドット・コムのジェフ・ベゾス最高経営責任者(CEO)が起業した航空宇宙会社ブルーオリジンは5日、テキサス州の試験施設でロケットの打ち上げ実験を実施した。

実験は緊急時を想定したもので、ロケットから分離した無人の乗員カプセルは、無事、パラシュート降下を果たした。ロケットも着陸に成功した。

同社のエンジニアは、乗員カプセルが墜落すると予想していたが、緊急時を想定したプランが順調に進んでいることが裏付けられた。

ベゾス氏は、2018年までに商業飛行が開始との見方を示している。ロケットは地上100キロ以上まで打ち上げられ、乗員は数分間の無重力状態を体験できるという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
働く若者へ<br>ワークルールで身を守ろう!

「バイトのシフト入りを強要された」「残業代が適切に払われない」…職場で理不尽な目に遭うこともある。そこで役立つのは労働法=ワークルール。学んでおけば自分を守る武器となる。