景気低迷が人種間の所得格差を助長している

ミネアポリス連銀総裁、教育の重要性を主張

 10月5日、カシュカリ総裁は景気低迷が人種間の所得格差を助長したとした上で、とりわけ先住民に対する教育の向上が生産などの拡大につながるとの考えを示した。2月撮影(2016年 ロイター/Brendan McDermid)

[5日 ロイター] - カシュカリ米ミネアポリス地区連銀総裁は5日、景気低迷が人種間の所得格差を助長したとした上で、とりわけ先住民に対する教育の向上が生産などの拡大につながるとの考えを示した。金利などには言及しなかった。

総裁は「金融危機に伴う不況以降、成長は安定しているが緩慢な状況が続いており、生産も期待を大きく下回っている」と指摘。「そのことがわが国の人種や民族間の経済格差拡大を長年にわたり助長してきた」と述べ、経済の成長や格差の問題解決には教育の力が必要になると訴えた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。