トルコが警官1万2801人を停職処分

7月のクーデター関連で

 10月4日、トルコ警察は、7月のクーデター未遂の首謀者と断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師およびそのネットワークとの関係が疑われるとして、警官1万2801人が停職処分を受けたとの声明を発表した。写真はイスタンブールで7月撮影(2016年 ロイター/Osman Orsal)

[アンカラ 4日 ロイター] - トルコ警察は4日、7月のクーデター未遂の首謀者と断定した米国在住のイスラム指導者ギュレン師およびそのネットワークとの関係が疑われるとして、警官1万2801人が停職処分を受けたとの声明を発表した。

このうち2523人が警察署長という。トルコの警察職員の総数は約25万人。

3日には、政府が非常事態宣言を3カ月延長している。

事件後の取り締まりで、軍関係者、公務員、警察、司法関係者約10万人が停職や解雇処分を受けたほか、3万2000人が事件関与が疑われるとして逮捕されている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
途上国の石炭火力支援を<br>日本はやめるべき

アル・ゴア元米国副大統領は地球温暖化対策の重要性を訴え続けている。米国は温暖化対策の枠組み「パリ協定」からの脱退を表明。対策は後退してしまうか。日本がすべきことは何か。