グーグル、4日のイベントで新型スマホ発表へ

ハイエンド市場でアップルiPhoneに対抗

 10月4日、米アルファベット傘下のグーグルは、サンフランシスコで開くイベントで新型スマートフォンを発表する見通し。写真は同時に説明がされると見通しとなっている「グーグル・ホーム」が発表されたカリフォルニア州マウンテン・ビューでのイベントで、5月撮影(2016年 ロイター/Stephen Lam)

[4日 ロイター] - 米アルファベット<GOOGL.O>傘下のグーグルは、サンフランシスコで4日に開くイベントで新型スマートフォンを発表する見通し。

「グーグル」ブランドの端末を売り込み、ハイエンド市場でアップル<AAPL.O>に対抗する。

アナリストによると、イベントでは、今年発表したスピーカー型の音声認識端末「グーグル・ホーム」や、仮想現実(VR)ヘッドセット「デイドリーム」についても説明があるとみられている。

グーグル・ホームは、アマゾン・ドット・コム<AMZN.O>のスピーカー型端末「エコー」に対抗する商品だ。

今回イベントで発表されるみられるスマートフォンは、「グーグル・ネクサス」の後継シリーズ「Pixel」の2モデル。

グーグルはネクサスを2010年に発売したが、サムスン電子 <005930.KS>の端末に押され、市場シェアが低迷している。アナリストは販売網に問題があると指摘している。

Pixelは価格が600ドルを超える見通しで、ハイエンド市場でアップルと対決することになる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。