発達障害者のキャリア計画、どう描くべきか

アルバイトから正社員という道はある?

アルバイトから正社員に転職する際に不利にならないのでしょうか?(写真:Graphs / PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

発達障害者のキャリアステップについて質問致します。
今年の4月に念願であった教育関係の会社に就職しましたが、2カ月で戦力外通告を受けてしまいました。マルチタスクが苦手であることや、コミュニケーションにズレが生じてしまう、距離感のまずさといった短所が大きく響いてしまったと考えております。
現在は東京を離れ、実家で暮らしております。周囲からは正社員は責任が重く、仕事量も多いので、アルバイトから始めてみてはとアドバイスを受けています。
ただ、ひとつ気になっている点があります。アルバイトが職歴としてみなされるかということです。私もいつかは正社員へとステップアップして役職を得たい、報酬を得たいという気持ちはあります。そこで問題なのは、正社員へと転職する場合に「なぜ今まで正社員として就労せず、アルバイトを選んだのか」と面接時に指摘された場合です。自分としては素直に「発達障害であるから、訓練を積んできた」と答えるつもりです。ただ、相手から「甘えていた」ととらえられる可能性を心配しています。
この方法で問題ないでしょうか。アドバイスをよろしくお願い致します。長文、失礼致しました。
無職(失業中) 成瀬

単なる雇用形態の違いだけ

この連載の記事一覧はこちら

アルバイトだから、正社員だからというステイタス自体は、本来、何の価値もありません。単なる雇用形態の違いだけです。したがって、次のキャリアを考える際の判断軸の最初(最上位)にくるべきではありません。

正社員でもその後につながるような経験やスキルを積めるような仕事ばかりとはかぎりませんし、アルバイトだからそこでの経験やスキルがまったく無意味かというとそんなことはありません。

次ページただし一般的には……
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ビームスの流儀

1976年に創業し、90年代の渋カジブームを牽引したビームスが今も元気だ。創業以来赤字知らず。40年、最先端を走り続けられる秘密は何か。設楽洋社長への独占インタビューを掲載。