中小企業の海外リスクをカバー、AIUが新保険

簡単な手続きで多くの国との取引に対応

AIU損害保険は、中堅・中小企業を対象に、海外での事業活動に関わるさまざまなリスクをひとつの保険証券でカバーする賠償責任保険を、4月から発売した。

新商品「WorldRisk(ワールドリスク)」の特徴は、海外での事故に対する補償をパッケージ化するとともに、簡便な申し込み方法を採用したことにある。海外で取引先の設備や物品に傷を付けたり、自社の製品が製造物責任(PL)を問われた場合に賠償費用を補償する。

複数国相手の取引でもひとつの保険でOK

従来、複数の国を相手に取引をする場合、いちいち個別に保険に入らなければリスクをカバーできなかった。AIUが今回発売した新商品では、簡単な告知書に日本語で記入することにより、多くの国(米国とカナダを除く)を対象にしたリスクに対応することができる。

契約が必要な「基本補償」(1事故の支払限度額は1億円)は、①施設や業務の遂行に起因する賠償責任補償、②生産物賠償責任(PL)補償のいずれかで、最低保険料はそれぞれ15万円、35万円。①②とも契約を結んだ場合にはマスコミ対応などにかかった費用を支払う特約が無料でセットされる。

また、基本補償とは別に、海外でのレンタカー事故や労災事故、従業員の不正行為による損害、政治的理由による輸出入許可取り消しの損害をカバーする特約を付けることができる。

次ページ狙いは中小企業の海外進出
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。