三井化学、人材グローバル化戦略の凄味

海外の優秀人材を本社の経営層に登用

三井化学は、2011~13年度の中期経営計画で「経営のグローバル化」を掲げており、グローバル人材の確保と育成に注力している。このテーマに関心を持つ人事担当者は多いはずだ。そこで汐留シティセンターにある三井化学本社を訪ね、吉田存方グローバルHRグループ グループリーダーにグローバル人材マネジメントの詳細を聞いた。

――昨年10月の日経新聞の記事では「外国人採用」「若手社員の海外駐在」、そして「海外からのインターンシップ受け入れ」の3つを伝えています。この3項をお聞きする前に三井化学がグローバル人材育成に取り組んだ背景についてお聞かせください。

三井化学は2011~13年度の中期経営計画の中で、グローバル経営の実現を挙げており、そのグローバル経営を担うグローバル人材の確保と育成が人事部門に与えられた課題になる。

どこの会社の人事部門も同様だと思うが、弊社の人事部門は人事(配置・評価)、人材開発(教育・採用)、労制(制度・組合対応)という3グループに分かれていた。グローバル人材確保や育成も行っていたが、専門部署が存在するわけではなく、担当者がその都度行うというものだった。しかしそういう体制では、グローバル人材の確保や育成に戦略的に取り組めない。

そこで中期経営計画がスタートした2011年度に「グローバルHRグループ」という部署を人事部に設け、配置、教育、労制とも連携してグローバル人材にかかわることのすべてを統括する体制を作った。

次ページ海外からインターンシップ受け入れ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。