寄り付きの日経平均は反落、米国株安を嫌気

ドイツ銀行めぐる懸念再燃から米国株が下落

 9月30日、寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円26銭安の1万6474円45銭と反落した。ドイツ銀行をめぐる懸念の再燃から前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方の東京市場も売りが先行した。写真は都内の株価ボード、2月撮影(2016年 ろいたー/Yuya Shino)

[東京 30日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比219円26銭安の1万6474円45銭と反落した。ドイツ銀行をめぐる懸念の再燃から前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ、朝方の東京市場も売りが先行した。

三菱UFJ<8306.T>が売り気配スタートとなるなど金融株を中心に売り圧力が強まっている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
残業禁止時代<br>働き方改革のオモテと裏

労基署から是正勧告を受けたHIS、朝日新聞社。社員が過労自殺した電通。大手でも野放し状態の残業大国・日本。残業時間の上限規制が導入予定だが、ブラック職場は改善されるか。