ニコニコは「ネット民」と現実をつなぐ

“熱”を生み出すコミュニティのつくり方

ソーシャルゲームは、大人のゲームファンだけでなく、子どもたちまでをも巻き込み、さらにはネット文化から遠い位置にある父兄を巻き込んで社会問題化したが、コミュニティの温度上昇の手法については、参考にすべき点も少なくないのではないだろうか。

実社会ではつながらない、実社会では自分自身の考え方、感じ方が“普通じゃない”と落ち込むような状況でも、同じ価値観を持つ人たちを結び付ける。このことは決して悪いことではない。

ネットコミュニティ以外でも“熱”は生み出される

実際にもっと保守的な業界でも、ニコ動が作り出しているのと同様の熱密度の高いコミュニティを生み出して成功している事例がある。高級オーディオブランドのエソテリックである。

エソテリックは、先日、ギブソン傘下に入って多くのオーディオファン、楽器ファンを驚かせたティアックの子会社、サブブランドである。主に100万円前後の高級オーディオ機器を販売している。日本の高級オーディオメーカーとしては最後発に属するブランドだが、昨今は一貫して黒字を続けている。そればかりか、大手メーカーでさえさじを投げ、死に体になっていた次世代CD(SACD)を、国内で復活させるきっかけを作った。

なにしろ500枚売れれば御の字と言われる国内のクラシックCD市場で、エソテリックはコンスタントに4000~5000枚のセールスを記録し、すべてのタイトルで完全な黒字化を実現しているのだ。今ではエソテリックに倣い、ユニバーサルやワーナーなどの大手レーベルが、こぞって“エソテリック的”なSACDを企画、販売している。

その背景を見ると、そこには“ニコニコ的。”な世界と通じるビジネスの骨格が見えてくるのである。

次回に続く

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
高崎高島屋の売り場革命

閉店が続出する地方や郊外の百貨店。逆風の中、高崎高島屋は全国的に有名な和菓子店や化粧品ブランドを次々と誘致し、集客を伸ばす。地方百貨店の活路を示す取り組みをリポート。