ニヤつかずにはいられない、山口晃アート

エルメスさえも魅せられた、独特の世界観

『厩圖(うまやず)2004]』 2004年 滋賀県立近代美術館蔵 ©YAMAGUCHI Akira, Courtesy of Mizuma Art Gallery
自慢のバイクや馬を眺めながら飲む酒の味は?

馬小屋の中をよく見ると、そこにいるのは馬ではなく、馬とメカが合体した“馬バイク”。その前で男たちが酒を飲み、囲碁を楽しんでいる。武士がいるかと思えば、赤いTシャツの女性もいて、時間の流れから解き放たれた場所のようだ。

作者の山口晃さんは、いま最も注目されている画家の一人。横浜のそごう美術館で「山口晃展 付り(つけたり)澱(おり)エンナーレ~老若男女ご覧あれ~ 」が開かれている。時間の壁を超えるとともに、日本画から油絵、マンガまで、ジャンルの壁も自由に行き来し、クスッと笑ってしまうおかしみと批評の交じった絵が人気を集めている。

この『厩圖(うまやず)2004』には日本の伝統的な絵のフォーマットが取り入れられている。山口さんはこう話す。

「今でいうと高級自動車のような感覚だと思いますが、自分の馬を並べて、その前で飲み食いできるように畳敷きになっている。そういう古い絵があるんですね。厩圖を“メカニック現代バージョン”で描いてみようと思ったときに、バイクだろうなと」。

次ページ現代版「洛中洛外図」にはスカイツリーが?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。