ルノー・日産、米マイクロソフトと提携

コネクテッドカー技術で

 9月26日、ルノーと日産自動車のアライアンスは、自動車向けのクラウドサービス開発について、米マイクロソフトと提携する。同サービスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」をベースにし、先端ナビゲーションなどを提供するという。写真はマイクロソフトのロゴ、8月フランスで撮影(2016年 ロイター/Jacky Naegelen)

[26日 ロイター] - ルノー<RENA.PA>と日産自動車<7201.T>のアライアンスは、自動車向けのクラウドサービス開発について、米マイクロソフト<MSFT.O>と提携する。同サービスは、マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「アジュール」をベースにし、先端ナビゲーションなどを提供するという。

ルノーと日産は2020年までに自動運転技術を10車種以上に採用する計画を示しており、今回の提携は目標を後押しするものとなる。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
原発事業で存続危機<br>東芝「解体」が始まった

原発事業の損失額は7125億円に達し、2016年末時点で債務超過に。名門・東芝は混乱の極みにある。損失がここまで膨らんだ原因に迫る。さらに、まだ残っている4つのリスクも指摘。