理想の持ち家を建てるのがとても難しい理由

モデルハウスと土地探しの知られざる真実

日本の家づくりが抱えている問題点とは?(写真:KY / PIXTA)
人生最大の買い物である、マイホーム。住宅展示場に出かけても、いいモデルハウスはないし、かといって建築家に設計を頼むのは不安……と悩みは尽きません。
というのも日本の住宅市場は、安心して家づくりができる仕組みになっていないのです。今の日本の家づくりが抱えている問題点を、デザイン住宅において注文受注件数が全国No.1の建築設計事務所・フリーダムの社長である鐘撞正也氏が解説します!

 

コストがかかっても住宅展示場に出展する理由

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

ハウスメーカーのビジネスモデルは、全国各地の住宅展示場に建設したモデルハウスに集客し、そこに常駐する営業マンの接客によって受注していくというものです。

モデルハウスを建てるのに、ハウスメーカーは5000万円~1億円を使います。ところが、このモデルハウスは平均7年で建て替えになります。少しでも「古さ」が出れば、集客力が落ちるからです。仮に5年で価値がなくなるとすれば、建築費が1億円の場合、年に2000万円相当の出費ということです。

しかも、住宅展示場に出展するためには、出展料(場所代)を払わなくてはなりません。立地にもよりますが、都内では月額150万円くらいです。年間で1800万円。さらに、モデルハウスで接客する営業マンの人件費があります。仮に営業マン一人とアシスタント一人で年間1200万円とすると、1棟のモデルハウスで、合計で年間5000万円がかかる計算です。

これだけお金をかけても、モデルハウス場1棟あたりの年間平均受注件数は20件くらいです。また、一人の営業マンが契約する住宅数は、年間5、6棟が平均です。これだけを見ても、ハウスメーカーが1棟を売るためにどれだけのコストをかけているか、お分かりいただけると思います。もちろん、ハウスメーカーはこれ以外にも、莫大な広告宣伝費を使い、本社ビルや事務スタッフなどの間接部門にも多額の費用を使っています。これらのコストが、すべてハウスメーカーが販売している商品の1棟1棟の価格に上乗せされています。

このように、住宅展示場にモデルハウスを構えて営業活動をすることは非常にコストのかかることなのですが、自社の住宅のイメージを宣伝し、営業マンが接客する場をつくるためには不可欠なのです。

ところが、来場者が実際に、住宅展示場で各社の住宅をじっくりと比較できる機会はほとんどありません。

次ページじっくりと比較できないのはなぜ?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。