中国首相がキューバ訪問、関係強化で合意

キューバにとって中国は第2の貿易相手国

 9月24日、キューバを訪問した中国の李克強首相(写真左)は、ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長(右)と会談した。(2016年 ロイター/Enrique de la Osa)

[ハバナ 24日 ロイター] - キューバを訪問した中国の李克強首相は24日、ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と会談した。両首脳は経済協力に関するおよそ30件の合意文書の調印式に出席した。キューバの国営メディアが報じた。

56年前の外交関係樹立後、中国首相がキューバを公式訪問するのは初めて。ただ、中国の習近平国家主席は2014年に訪問している。

中国はキューバにとって第2の貿易相手。貿易額も急増している。

李首相はキューバ共産党機関紙「グランマ」とのインタビューの中で、キューバ訪問の目的について、両国関係を深化させ、経済協力で新たな分野を開拓し、政治的な相互の信頼を強化することだと強調した。

キューバ国営TVによると、両国は科学、環境、工業、エネルギー、公衆衛生、農業分野での協力に関する合意に調印。中国はまた、一部プロジェクトについて、信用枠を設定することに合意したという。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。