韓国当局、「ノート7」の安全対策強化を命令

サムスン電子に対して

 9月22日、韓国当局はサムスン電子に対し、「ギャラクシーノート7」のバッテリーの安全対策を強化するよう命じた。8月にソウルで行われた発表会で撮影(2016年 ロイター/Kim Hong-Ji)

[ソウル 22日 ロイター] - 韓国当局は22日、サムスン電子<005930.KS>に対し、新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」のバッテリーの安全対策を強化するよう命じた。同社は韓国で「ノート7」の販売再開を28日に計画している。

サムスンは今月、一部でバッテリーに発火の恐れがあるため、世界で少なくとも250万台の「ノート7」をリコール(回収・無償修理)した。韓国と米国を含む複数の市場では交換に応じている。

韓国技術標準院(KATS)は声明で、リコール計画を正式に承認したとし、新たに使用されているバッテリーは安全だとした。

KATSはサムスンに対し、出荷前にサプライヤーにX線テストを実施させるよう命じたほか、サムスン独自の検査や返金の期限を9月19日から9月30日に延期するよう命じた。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。