32歳高年収女子、「モテ女テク」に悶絶した!

東京カレンダー「崖っぷち結婚相談所」<5>

難解な「モテ」の秘密を前にして、打ちのめされる
典型的な結婚できない女、杏子、32歳。
慶應大学卒業後、丸の内の某外資系金融でセールス職に就き、年収は2000万円を優に超える。
美人だがプライドが高くワガママな彼女は、男運が悪く全くモテない。さらにハイスペックゆえ、男が近寄りたくない女ナンバーワンとまで噂されている。
恋愛市場で負け続け、さすがに危機感を持ち始めた杏子。そんな彼女は婚活に本腰を入れることを決意し、結婚相談所に登録をした。そして初のマッチングデートを済ませたものの上手く行かず、婚活アドバイザーの直人から痛烈なダメ出しを受けてしまったが……?

出された宿題は予想以上に重かった

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

――あの女と私は、一体何が違うの……?

「食事会にイイ男はいないとか、そういった固定観念や高飛車な思想は捨てて、とにかく出会いの機会は逃さないようにしてください。少なくとも、杏子さんはもう少し異性に慣れてください」

婚活アドバイザーの直人に口を酸っぱくして何度も言われたため、杏子は久しぶりに食事会に参加してみることにした。

もちろん、婚活のメインは結婚相談所だ。杏子はその後、自分からも3人の男性に「会いたい」のオファーを出した(自分からオファーなんて出したくはなかったが、直人に強制された)。

さらに直人は、次のマッチングデートまでに、できるだけ杏子自身でも男性と触れ合う機会を作り、モテる女の観察をするよう指示した。要は宿題を出されたようなものだ。

次ページ受験や就活と同じものなのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。