夢の「超速旅客機」が映し出す、開発史の皮肉

闇に消えたドイツ軍の「救世主戦闘機」を彷彿

爆音をとどろかせて飛んでいたコンコルド(写真:zenpaku / PIXTA)

コンコルドという旅客機が、かつて存在した。この機体は初就航当時は「夢の超音速機」と呼ばれ、これこそが次世代の旅客機であるともてはやされた。

しかしフライトにかかるコストがあまりにも高く、また2000年に発生した墜落事故も相成り全機退役を余儀なくされた。コンコルド以降、超音速で空を飛ぶ旅客機は出現していない。

ところが今年に入り、CNNがあるニュースを配信した。ニューヨーク−ロンドン間を、実に11分という短時間で飛行するというものらしい。

まずはCNNの記事から冒頭部分を引用させていただこう。

工業デザイナーのチャールズ・ボンバルディア氏は、マッハ24で空を飛ぶ超音速旅客機のコンセプトを発表した。地球の真裏を意味する「アンティポード」と名付けられたこの旅客機。10人の乗客を乗せ、英ロンドン−米ニューヨーク間を11分で結ぶという。(CNN 2016年1月18日付の記事より引用)

半世紀以上前にこのような飛行機が存在した!

当記事はFUTURUS(運営:INCLUSIVE)の提供記事です

当然ながら、このような怪物機が近日就航するという話題ではない。要するに「こんなプランがあるんだけど、他にいい案は何かないかな?」と世界のエンジニアに問いかけるコンセプトで提唱されたものらしい。

だがそれにしても、ロケットブースターで機体を高高度に引き上げるというコンセプトはどこかで聞いたことがある。また、CNNの記事にもある機体画像も、我々人類が初めて見るようなデザインではない。

そう、すでに半世紀以上前にこのような飛行機が存在したのだ。第二次世界大戦当時、ドイツ軍は『メッサーシュミット Me163』という戦闘機を実用化させていた。

次ページドイツ軍の「救世主」だったはずが
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。