8月の全国百貨店売上高は前年比6.0%減に

6カ月連続マイナスに

 9月21日、日本百貨店協会が発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比6.0%減の4092億円と、6カ月連続マイナスだった。6.0%減は、今年最大の落ち込みとなる。写真は都内で8月撮影(2016年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 21日 ロイター] - 日本百貨店協会が21日発表した8月の全国百貨店売上高は、店舗数調整後で前年比6.0%減の4092億円と、6カ月連続マイナスだった。6.0%減は、今年最大の落ち込みとなる。

8月は、主力の国内市場売上が同5.2%減、インバウンドも同26.6%減と不調だった。商品別では、主力の衣料品が同10.7%減と、消費増税前の駆け込み需要の反動が出た昨年3月以来の2桁減となった。婦人服に回復の兆しがみえず、紳士服・子供服とも販売不振だった。

規模別では全ての店舗規模が前年に届かず、また地区別でみても全18地区のうち、北海道を除く全地区でマイナスとなった。協会では「構造的な課題を抱える中、インバウンドや個人消費の低迷も長期化しており、急回復は厳しい状況にある」としている。

調査対象の百貨店は81社・236店舗。東京地区は前年比5.9%減と、2カ月ぶりマイナスとなった。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。