ギリシャの難民施設で火災、数千人が避難

先行き不安広がる

 9月20日、ギリシャのレスボス島にある移民・難民キャンプで19日夜、火災が発生し、数千人が避難した。写真は現場にたたずむ移民、20日撮影(2016年 ロイター/Giorgos Moutafis)

[アテネ 20日 ロイター] - ギリシャのレスボス島にある移民・難民キャンプで19日夜、火災が発生し、数千人が避難した。火災でテントやコンテナが損壊した。

火災の原因は不明だが、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)によると、劣悪な生活状況や、先行きに対する不安が広がっていることが背景とみられる。現地メディアによると、数百人が強制送還されるとのうわさが出ていたもようだ。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
米中接近の真実

昨年の米大統領選で、トランプ氏は中国に対して攻撃的だった。大統領就任後は、打って変わって融和的だ。ポイントは北朝鮮問題。流動的な米中関係の狭間で日本が進む道を示す。