英女王のいとこ、両性愛者であることを告白

英王族で明らかにしたのは初

アイバー・マウントバッテン卿(左)と離婚した妻、2000年撮影(写真:REX FEATURES/アフロ)

[ロンドン 18日 ロイター] - エリザベス英女王のいとこにあたるアイバー・マウントバッテン卿が、英王族としては初めてバイセクシャル(両性愛者)であることを明らかにした。前妻との間に3人の子供がいる。

マウントバッテン卿は、メール・オン・サンデー紙に対し、性別で苦しんだ時期があったが、現在は航空機の客室サービスのディレクターを務めるジェームズ・コイルさんというパートナーを得て幸せだと語った。

卿は「妻には結婚前に自分がバイセクシャルであることを伝えており、彼女は理解してくれた。これからも感謝していく」と述べた。

また「自分の性別に苦しんでおり、現在もある程度苦しい。ここまでたどり着くには長い旅路だった」と話した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。