メルケル独首相のCDU、首都議会選でも敗北

右派躍進、CDUの得票率は18%程度に低迷

 9月18日、ドイツの首都ベルリン特別市(州と同格)で行われた議会選では、メルケル首相(写真)率いる与党・キリスト教民主同盟(CDU)の得票率が前回から大幅に低下し、4日のクレンブルク・フォアポンメルン州議会選に続く大敗を喫した。16日撮影(2016年 ロイター/Leonhard Foeger)

[ベルリン 18日 ロイター] - ドイツの首都ベルリン特別市(州と同格)で18日行われた議会選では、メルケル首相率いる与党・キリスト教民主同盟(CDU)の得票率が前回から大幅に低下し、4日のクレンブルク・フォアポンメルン州議会選に続く大敗を喫した。

メルケル首相の難民政策が有権者によって拒否され、難民受け入れ反対を標榜する右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が約14%の票を獲得。これで16州のうち10州で議席を得た。

CDUの得票率は18%程度と1990年並みとなり、前回2011年の23.3%から大幅に低下した。

連邦政府での連立相手である社会民主党(SPD)の得票率は22%程度となり、前回の28.3%を下回ったが、第1党の座は維持した。現在の特別市でのCDUとの連立を解消し、得票率をやや下げて15%強となった緑の党や、4%上げて16%弱となった左派党との連立を模索するとみられている。

ドイツでは総選挙を来年に控えており、これでAfDが連邦レベルでも議席を獲得する可能性が高まったとみられている。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
憲法改正の争点<br>自衛隊の明記をめぐり論争始まる

「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」と、安倍首相が5月3日に突如表明。2020年の新憲法施行を目標に自民党は動きだした。改憲は本当に必要か、論点を整理する。