「ドクターX」、テレ朝・大人気ドラマの裏側

視聴率2冠の牽引役、内山聖子プロデューサーに聞く

テレビ局の2012年度(12年4月~13年3月)平均視聴率は、テレビ朝日が1959年の開局以来初の快挙を達成した。ゴールデンタイム(19~22時)、プライムタイム(19~23時)で首位と2冠を獲得。次に狙うのは、13年1月にスタートしている年間平均視聴率で、全日(6~24時)トップも含めた3冠奪取だ。
この躍進を牽引している、高視聴率番組を手掛けるプロデューサー2人に話を聞いた。第2回は、12年10~12月に放送され、高視聴率をたたき出したドラマ「ドクターX」を手掛けた内山聖子氏。

初回視聴率18%超に実は驚いた

――12年10~12月放送のドラマ「ドクターX」は、平均視聴率19.1%。民放の連続ドラマでは年間トップの高視聴率で、テレビ朝日の年度視聴率2冠獲得を牽引しました。

「ドクターX」と同様に米倉涼子さん主演のドラマは、「黒革の手帖」で平均視聴率15%台、「けものみち」で同14%台など、高視聴率を取ってきました。ですが、19%台は異例の数字ですね。前評判は高くなかったので、いつもの調子でのびのびマイペースにやっていこうというスタンスで取り組んだのですが、初回視聴率で18%を超えたので、実は私自身びっくりしました。

視聴率が悪いときは細かく分析するので、よくなかった理由をいくつも挙げることができるのですが、視聴率がいい理由を挙げるのは、本当に難しいものです。米倉涼子さんはいつもの米倉涼子さんで、医療ドラマも数多く存在しています。どのドラマも、豪華な出演者の方々がいい仕事をして、脚本家が勢いのいいセリフを書いて、宣伝部を含め、テレビ局全体のバックアップを受けてきました。

ただ今回、「ドクターX」で米倉さんが演じた外科医・大門未知子の“痛快なキャラクター”は、私たちにとって新しい挑戦でした。この痛快さに視聴者が引き付けられたのかもしれませんね。

視聴率は、私たちが見て欲しいと思うものと、お客様(視聴者)が見たいと思っているものが重なる度合いの大きさを表しているんだと思います。テレビの前に座っている、私からは顔が見えない視聴者の方々が、何を望んでいるのかを一所懸命に探るということが、私にとっては視聴率を意識してドラマを作るということ。

プロデューサーとして中堅となった立場上、この視聴率を意識せざるをえなくなってから、コンテンツの力が強くなった気がします。「ドクターX」は、視聴者と作り手の感覚が合致する度合いが今まで以上に大きかったということでしょう。

次ページ米倉涼子さんとの黄金タッグ
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。