LINE参戦で始まる「格安スマホ決戦」の構図

急成長中の楽天には「伸びる理由」がある

楽天モバイルは実店舗でも販売(左)。参入を発表するLINEモバイルの嘉戸社長(右)(撮影:風間仁一郎、大澤 誠)

メッセージアプリ国内首位のLINEが、大手通信会社のインフラを借りて格安スマホを展開する、MVNO事業「LINEモバイル」の全容を9月5日に発表した。ほかの多くの事業者と同様、NTTドコモの回線を借り、10月1日から本格的にサービスを開始する。

3月にLINEはMVNO事業へ参入する意思を表明。「今夏に詳細を発表する」としていた。国内6000万人超のユーザー数を誇るLINEが本格参入すれば、ドコモ、KDDI、ソフトバンクの通信大手3社の牙城を崩すのではないか。そんな思惑から注目が集まっていた。

「初心者向け」と「ヘビーユーザー向け」

LINEのMVNO子会社であるLINEモバイルが発表したプランは大きく分けて二つ。スマホ初心者向けの「LINEフリー」と、SNSヘビーユーザー向けの「コミュニケーションフリー」である。

データ通信量にかかわらず、前者はLINEのメッセージアプリと通話が、後者はさらにSNSのフェイスブックやツイッターがそれぞれ使い放題となる。つまり、月間のデータ通信量が契約の上限を超えても、LINEやフェイスブック、ツイッターの通信速度は落ちない仕組みだ。

LINE取締役CSMO(最高戦略・マーケティング責任者)の舛田淳氏は「2年かけてユーザーを調査した結果、『データ通信量の上限を超えると通信速度が極端に遅くなり、途端にSNSが使えなくなること』への不満があることがわかった。そこで、月の途中で上限を超えても、SNSをいつもどおり使えるようにした」と語る。つまり競合を研究し尽くしたうえでの参入というわけだ。

次ページ競合の研究は「通信料金」でも
関連記事
Topic Board トピックボードAD
人気連載
Trend Library トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
トヨタの焦燥<br>トランプ 次世代車 ケイレツ<br> 3つの難題

エコカーの金看板「プリウス」に大逆風。トランプ大統領が「米国に工場作れ」と名指しで批判。アップル・グーグルが参入し、次世代車の開発競争激化。トヨタの変革は急ピッチで進む。