JR九州が上場へ、売出規模は約3920億円

東京証券取引所への上場は10月25日に

[東京 15日 ロイター] - 九州旅客鉄道(JR九州)[IPO-KYUR.T]は15日、新規株式公開(IPO)を決議した。東京証券取引所への上場は10月25日。株式の売り出し規模は約3920億円となり、LINE<3938.T>を上回る今年最大のIPOとなる見通し。

JR九州の株主、鉄道建設・運輸施設整備支援機構が保有する1億6000万株をすべて売り出す。想定売り出し価格(2450円)で試算すると、売り出しの規模は約3920億円。

株式は10月26日に福岡証券取引所にも上場する予定。

株式売出しのグローバルコーディネーターは野村証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、JPモルガン証券。

政府は鉄道事業の民営化に伴って段階的に株式を売り出し、完全民営化を進めてきた。今回の株式の売り出しは、1993年から順次始まった東日本旅客鉄道(JR東日本)<9020.T>、西日本旅客鉄道(JR西日本)<9021.T>、東海旅客鉄道(JR東海)<9022.T>に続き、JRでは4社目。

*内容を追加しました。

 

(江本恵美 編集:山川薫)

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
NOVA<br>七転八起の再生

英会話教室の最大手だったNOVA。「NOVAうさぎ」「駅前留学」の宣伝で有名だったが、2007年10月に経営破綻。地味ながらも復活に至ったが、その再生は七転び八起きの道のりだった。