「iPhone7 Plus」の初回出荷分、全色完売

iPhone7は新色のジェットブラックが完売

 9月14日、米アップルは、16日から発売される新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7プラス」の全世界の初回出荷分が予約注文で完売したと発表した。写真はドイツ・ベルリン市内のアップルストア前で、テントを張り「iPhone7」購入を待つ人々。12日撮影(2016年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[サンフランシスコ 14日 ロイター] - 米アップル<AAPL.O>は14日、16日から発売される新型スマートフォン「iPhone(アイフォーン)7プラス」の全世界の初回出荷分が予約注文で完売したと発表した。

「アイフォーン7プラス」は全色が完売、やや小型の「アイフォーン7」は新色のジェットブラックが完売した。

アップルによると、発売日に直営店のアップルストアを訪れても、その場で新製品を買うことはできないが、オンラインでの注文は引き続き可能という。

アップルは声明で「すべての購入希望者にできるだけ早く新製品を届けられるよう努力している」と述べた。

アップルは今回、発売最初の週末売上げデータを公表しない方針。従来通りに公表しない理由について、この時期の販売台数は需要よりもアップルの供給事情を反映する側面が強いためとしている。

アイフォーン販売が頭打ちになる可能性がささやかれる中、この方針発表を受けて新たな懸念が広がり、アップルの株価は一時下落。しかし、米通信大手スプリント・ネクステル<S.N>とTモバイルUS<TMUS.O>は13日、「アイフォーン7」の事前予約が好調だと発表。これを好感し、アップル株は上昇した。

*内容を追加し、写真を差し替えます。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。