ダメな人は「円グラフ」の使い方が残念すぎる

「自分がカッコイイ」と酔っていませんか

グラフの「NG行為」とは?(写真 :ふじよ / PIXTA)

円グラフのNG行為

「幻冬舎plus」(運営:株式会社 幻冬舎)の提供記事です

今回もグラフの「NG行為」をご紹介します。テーマは円グラフ。あまりにポピュラーなグラフゆえ、「NG行為」なんてあるのかと思われるかもしれません。

しかし、多くのビジネスパーソンの教育研修中の作業風景や、作成した資料を見ていると、「??」な円グラフをたくさん目にするのです。

たとえばある洋食レストランの1週間の注文メニューの割合が次のデータだったとしましょう。このデータを円グラフで表現します。

<洋食メニューの注文割合>

(1週間の注文数=100%)

シンプルにこのデータを表現したければ、単純に円グラフを作成すればそれでよいと思います。

ところが、あえてこのような3Dグラフで表現しようとする方がいます。私はこのようなグラフは「NG行為」と指導しています。いったい何故だと思いますか。

<洋食メニューの注文割合>

(1週間の注文数=100%)

次ページ「カッコイイから」「インパクトあるから」という理由
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
地震と原発災害<br>原発最後の選択

四国・伊方原発、北海道・泊原発の地震対策に学者から異議が相次ぐ。地震の揺れの過小評価や活断層の見落としだ。電力会社任せの対策は疑念がぬぐえない。検証方法の確立が待たれる。