石破茂氏、「寄らば大樹という言葉は嫌いだ」

本当のことを言わなければ政治家ではない

自民党として常に「次」へ備える。安倍内閣を去る決断をしてからの石破茂氏の行動は明快だ
連載第9回は、自民党の石破茂・前地方創生担当相。安倍内閣に残らず、約9年ぶりに主要なポストから外れ、「ポスト安倍」の一番手として、次の総裁選出馬へ意欲を見せる。石破氏は今の「安倍一極政治」をどう考えているのか。また総理になった際の経済政策とは? 有馬晴海氏が迫る。

地方創生の完遂には意識改革が必要

この連載の一覧はこちら

有馬:石破さんはこの7月に「衆議院議員30周年」という大きな節目の年を迎えました。2002年、小泉内閣(第1次小泉第1次改造)で防衛庁長官(当時)として初入閣以来、ほとんどの期間、閣僚や党の重要ポストで重責を担ってこられました。やはり疲れはありますよね?

石破:自転車でも独楽でも、止まったら終わりですよね。「休まず動いていることが疲れない一番のこと」と思ってやってきましたし、これからもそうです。もちろん、体の面だけでいえば、疲労がないといえばうそになるかもしれませんね。

有馬:まずは、直近の2年間の地方創生担当相としての成果からお伺いします。ひとことで言えば、「成果も出たが、もう少し時間が欲しかった」というところでしょうか?

石破:「地方創生」ほど、完遂までに時間がかかる重要な政策課題はありません。日本は、経済が成熟し人口が急減していく中で、増える富を全国に分ける「正の分配」の時代は終わり、「負の分配」も必要な時代に入っています。

いわば、「地方創生」とは、「地方こそ、日本経済の成長ののびしろ」ととらえる一方で、明治以来の日本の中央集権の政治のあり方や人々の意識を、未来に向けて変えていくという大きな政策課題です。やり遂げるには20年くらいかかると思います。2年で変わるくらいだったら、誰も苦労しません。「2年経ったが成果が出ていないじゃないか」という人は、物事の本質をわかっていない人だと思います。

次ページ地方創生への熱意が薄れてはいけない
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。