料理を引き立てる「スゴい塩」、納得の共通点

能登半島とニューファンドランドで見た極意

フォーゴ・アイランド・インのすぐ近くにある海岸。製塩に使われる海水の透明度は非常に高い (2016 Hiroko Shimbo)

北大西洋岸のニューファンドランドにあるフォーゴ・アイランド・インのティモシー・チャールズ氏は、貴重な収穫物を手のひらに載せて、見せてくれた。

この塩は、同ホテル滞在中にパンと一緒に小さなカップに入れて出されたバターにかけられていた。その香りは私に、14年間使い続けている日本の「珠洲(すず)塩」を思い出させた。チャールズ氏はホテルのキッチンに小さな製塩所を持っているのだと教えてくれた。

良い塩は料理を完璧にする

フォーゴ島産の塩。買い取りたいと希望したが、希少であるとの理由から叶わなかった (2016 Hiroko Shimbo)

適度な塩分を摂り、良質な塩を選ぶことは、健康な生活には欠かせない。塩、私の場合は海塩は、キッチンで使う成分として最も重要かつ頻繁なものだ。適度な塩分がなければ最高の味付けは不可能だ。大量の日差しを浴びて熟した家宝のようなトマトは、良い塩をひと振りすれば、深くて神々しい香りを放つ。

昔ながらの製法で絞り出されたオリーブ油と新しく絞られたレモン汁から作られた、非常にベーシックなドレッシングには優れた塩が絶対に必要となる。それは他の成分と同様に、決定的なことだ。

薄く塩をかけられた生魚の切り身の表面からは脂の香りがにじみ出る。そして塩は魚の筋肉を引き締める。いずれの要素も、美味しい焼き魚を作る鍵になる。私は野菜炒めを作る際、中華鍋に野菜と香草、そしてひとつかみの塩を加える。それ以上の香りは不要だ。塩は料理を完璧なものにしてくれる。

私が使う「珠洲塩」は石川県の能登半島で作られる。ベーシックな日用品で、職人が作る高品質な塩だ。他の塩よりもミネラル分を多く含み、酸味や甘さ、塩辛さ、引き締まった度合いのバランスが取れている。塩化マグネシウム、塩化カリウム、塩化ナトリウム、そして僅かな金属分の組み合わせが、こうした香りを生み出してくれる。

良い塩というものは過度に塩辛くはなく、混じり合った味がして香り立っている。そして最も重要なのは、このミネラル分豊富な海塩が健康に良いことだ。

次ページ製法は場所によって様変わり
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。