錦織敗退、決勝はジョコビッチ-バブリンカ

全米オープン、男子シングルス準決勝

 9月9日、テニスの四大大会最終戦、全米オープンの男子シングルス準決勝、第6シードの錦織圭(写真)は第3シードのスタン・バブリンカに6─4、5─7、4─6、2─6で敗れた(2016年 ロイター/Robert Deutsch-USA TODAY Sports)

[ニューヨーク 9日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは9日、男子シングルス準決勝を行い、第6シードの錦織圭は第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)に6─4、5─7、4─6、2─6で敗れた。

錦織は第1セットをそつなく取ると第2セットの第1ゲームもブレークに成功したが、第4ゲームでブレークを返され、それからバブリンカに主導権を握られた。

バブリンカは全米オープンで初の決勝進出となった。

世界ランク1位で第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)は第10シードのガエル・モンフィス(フランス)を6─3、6─2、3─6、6─2で下し、決勝に進んだ。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
労基署監督官の告発<br>過重労働がはびこる真因

電通で起きた新入社員の過労自殺事件をきっかけに、働き方への関心が高まっている。労働行政の現場に立つ労働基準監督官3人が匿名で語る「過重労働大国ニッポンをどう変えるか」。