中国の海浜幕張、蘇州の15兆円市場を狙え

「チャイナ・ミドル」に商機アリ!

上海に隣接する人口1300万人の蘇州市

中国蘇州市という都市名を聞いたことがあるだろうか? 江蘇省東南部に位置する2級都市で、上海市から車で約1時間半、高速鉄道で約30分の距離に位置している。水郷の街としても知られる観光都市でもある。

2011年の蘇州市の常住人口は1000万人超。あまり知られていないが、実はそのうち非蘇州市戸籍人口は約60%の650万人を占め、深セン市に次ぐ全国二番目の「移民都市」でもある。上海に隣接する立地のよさもあり、蘇州市のGDPは2011年に1兆元(15兆円相当)をこえ、北京、上海、広州に続いて「1兆元都市」の仲間入りを果たした。国連加盟国と比較すると50〜60位ほどで、ニュージーランドやベトナムに匹敵する規模だ。市内の開発区を訪れてみると、新しい高層マンションやショッピングセンターが立ち並び、開発まもない頃の幕張新都心(千葉県)のような印象を受けた。

この高い経済成長に伴い消費者の購買力も高まり、蘇州市は企業にとって大変魅力的なマーケットとなっている。(参考:昨年11月時点の蘇州市民1人当たり可処分所得は3万元超(約45万円))

次ページ日系大手小売企業も続々
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。