錦織が2年ぶりベスト8進出、全米オープン

次はマリーvsディミトロフの勝者と対戦

 9月5日、テニスの四大大会最終戦、全米オープン男子シングルス4回戦、第6シードの錦織圭(写真)は第21シードのイボ・カロビッチを下し、準々決勝に進んだ(2016年 ロイター/Anthony Gruppuso-USA TODAY Sports)

[5日 ロイター] - テニスの四大大会最終戦、全米オープンは5日、ニューヨークで男子シングルス4回戦を行い、第6シードの錦織圭は第21シードのイボ・カロビッチ(クロアチア)を6─3、6─4、7─6で下し、準々決勝に進んだ。

全米オープンでの8強入りは、準優勝を果たした2014年大会以来。次戦では第2シードのアンディ・マリー(英国)対グリゴル・ディミトロフ(ブルガリア)戦の勝者と対戦する。

このほか、第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)も勝ったが、フアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)と対戦した第8シードのドミニク・ティエム(オーストリア)は途中棄権した。

関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。