最新!今人気のビジネス・経済書トップ200冊

トップは4週連続で「最強の働き方」

8月最終週にたくさん売れたビジネス・経済書を一挙に紹介(写真:マハロ / PIXTA)

毎週月曜日夕方に配信している週間アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。今回からはパワーアップし、「前週順位」も掲載する(前週に発売されて初登場する書籍には「NEW」と記載、前週順位が1000位以下の場合には「-」と記載)。

ランキングの対象も変更した。これまでは「予約受け付け中の本」も含めていたが、すでに販売されている本のみを対象とすることにした。Mookとして登録されている書籍も除外している。また書名について、これまでは原則としてメインタイトルのみを掲載していたが、今回からは出版社がアマゾンに登録している書名をそのまま掲載する。

首位はムーギー・キム氏の新著『最強の働き方』。4週連続でトップに輝いており破格のヒットといえるだろう。東洋経済オンラインで毎週金曜日に更新している『最強の働き方』と連動した連載も大ヒット街道を邁進中だ。

第2位は『キリンビール高知支店の奇跡』。筆者はキリンビール元副社長で営業本部長を務めた人物。地方のダメ支店の逆転劇から、営業の極意、現状を 打破する突破口の見つけ方を学ぶことができる。4月発売以降、ずっと上位をキープしている。企業名を冠した書籍としては、異例の売れ行きといえる。

次ページ1~50位は?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。