英語特集

「ビジネス英語」とは
日常の英語の延長線

英会話イーオン

ビジネスの場で堂々と渡り合い、相手から信頼される英語力とは、「聞く、読む、話す、書く」の4つの技能のバランスが取れていることが絶対的な条件だ。日本人に特に欠けているとされる「聞く、話す」を身に付けるために、イーオンでは効率的な仕組みを整えている。

「ビジネス英語をすぐにマスターしたい、と駆け込んでくる方が後を絶ちません」

東京本社 教務課 トレーナー
飯田健二

そう語るのは、イーオンの飯田健二氏。日本企業のグローバル化、社内の英語公用語化などによって、英語はもはやビジネスパーソンに不可欠なツールとなっており、“ビジネス英語”のニーズは高まるばかりだ。しかし、「ビジネス日本語という分類がないように、“ビジネス英語”も実は存在しません。つまり、ビジネスで使われる英語は、日常の延長線上にあって、決して難しいものではないのです」と飯田氏は説く。

日本のビジネスパーソンは、受験勉強などでのインプットが豊富でも、アウトプットが少ないために「会話力」につなげられていないというのが典型的パターンだ。飯田氏は「皆さん英語の知識はあるので、適切なトレーニングさえすれば効率的に英語を身に付けられます」と明言する。

イーオンではまず無料体験レッスンで生徒の緻密なレベルチェックを行う。得意な部分や課題をあぶり出し、目標レベルに到達するための道筋をアドバイスと一緒に提示する。これは英語学習においては不可欠な要素だ。いくら目標レベルが高く、やる気に満ちあふれていても、現実に即したトレーニングでなければ効果は半減するからだ。

そして、飯田氏が「ビジネスパーソンに最も適している」と力を込めるのが、イーオン最大の特徴である専任教師によるグループレッスン。「最近はカフェやスカイプでのマンツーマンレッスンが流行っていますが、ビジネスで英語を使う局面は相手が2人以上のことが多い。であれば、同じようなストレスレベルの高い状態を再現し、その状況で練習したほうが効率的です」

イーオンでは必要以上に受講者を褒めたりはしないが、上達の痕跡が見られればそこにはしっかり賛辞を送る。受講者は自分を見てくれていると感じるからこそ、教師について行くことができる

さらに、きめ細かなフォローもイーオンの特徴の一つ。たとえば、授業中に教師がアドバイスをするのは当然だが、それだけにとどまらない。「たとえば、『先週できなかったことができましたね』や『発音もどんどんよくなっていますね』など、教師が生徒にコミットしているからこそできる声掛けを徹底しています。ですから教師も授業につねに100%集中しています」(飯田氏)。こうした取り組みが、受講者のモチベーション維持と着実なレベルアップにつながっている。

教師は日本人と外国人がいるが、日本人教師はTOEICテストスコア950点以上が350人以上、うち満点が約80人、英検1級取得者も約270人と、その質はしっかり担保されている。教師の研修においては教授法のみならず、受講者をケアするためのカウンセリングスキルや教師の人間力を引き出す指導を行うなど、教師のレベルアップにも余念がない。

「目標や夢を叶えるために英語が必要な方に対して、私たち教師はベストを尽くします」と飯田氏は力を込める。英語を学ぶ際には、環境もさることながら、相対する教師の質にもこだわりたいところだ。

お問い合わせ
英会話イーオン
北海道から沖縄まで、
全国に直営250校を展開
0800-111-1111
(月〜金:10時〜21時/
土日祝:10時〜19時)
http://www.aeonet.co.jp/

 

関連ページ
「日本のリーダーは
もっと英語を話すべき」
ソフィアバンク代表・藤沢久美
ページはこちら