あえて「中規模」を狙う新興メディアの戦略

ブレイキング・メディアはBtoBに特化

小規模な職能集団を対象にサービスを提供するメリットとは(撮影:梅谷秀司)

デジタルパブリッシング業界は、最大手のみが生き残れるエコシステムのように見えるかもしれない。だが、誰もがひたすら規模を追い求めているわけではない。実際、一部のパブリッシャーは、中規模のままでいることを望んでさえいる。

2016年8月1日、「ザ・バージ」の共同創設者ジョシュア・トポルスキー氏が、ニュースサイト「アウトライン」を立ち上げることを明らかにした。「ウォールストリート・ジャーナル」によると、この新しいサイトは1000万人から1500万人のオーディエンスにリーチすることを目指すという。

この話を念頭に置きながら、あえて中規模を維持することで生き残りを図るデジタルパブリッシャーに注目してみよう。

ブレイキング・メディアという企業

紹介するのは、7つのメディアを運営するメディアネットワーク企業、ブレイキング・メディアだ。通常、一般消費者向けのWebサイトであればユーザー1億人を視野に入れることも可能だが、BtoBサイトとなると、その10分の1を狙うことさえ厳しい。

そうしたなかブレイキング・メディアは、中規模のコミュニティをターゲットにして、利益を上げ続けている。現在ブルームバーグ・メディアでCEOを務めるジャスティン・スミス氏と、カーター・バーデン(3世)氏が約10年前に共同で創業した同社。法律、ファッション、金融、医療、防衛、エネルギー、行政部門で働く人々を、それぞれ対象にした7つのサイトを運営しており、利益を上げながら着実に成長している。

次ページエンゲージメントの高さが魅力
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
行き詰まる東電支援<br>原発最後の選択

賠償費用も廃炉費用も想定から大きく上振れし、東電支援スキームは破綻の瀬戸際。東電の発電所を売却し、その代金を賠償や廃炉費用に充て、東電を送配電会社に再編する構想が浮上。