実は超危険…「疲れに鈍感な人」急増の理由

寝る前に!身体感覚を取り戻す「ほぐし術」

「身体感覚」が鈍っていると疲れを感じられない危険な状態に…(写真:miya227 / PIXTA)

普通であれば疲れを感じてもおかしくないほど働いているのにあまり疲労を感じない。実は肩が凝っているのに、それに気づいていない……。あなたにも、心当たりはありませんか? 実はこんな人に限って「身体感覚」が鈍っている可能性があり、かなり危険な状態なんだとか……。

日本快眠協会代表理事の今枝昌子先生によると、「身体感覚が鈍っている状態とは、自分自身の身体の変化に気づけない危険な状態」。しかも、その感覚がいつまでも抜けないと、疲れを感じられないようになり、最悪の場合はうつ病に発展してしまうこともあるそう。そんな恐ろしい “身体の鈍り”とは、いったいどのようなものなのでしょうか?

いつの間にか「うつ」に…!?

当記事はFuminnersの提供記事です

「身体感覚が鈍る大きな原因はストレスにある」と今枝先生。人はストレスを受けると、

第1段階:身体の疲れ

第2段階:イライラや不安感といった自律神経の乱れ

第3段階:緊張やだるさ

第4段階:体調不良や精神不安といった心身の深刻な変調

と4段階で症状が現れてきます。

「通常は初期段階として現れる疲れによって身体の変化に気づきますが、あまりに長くストレスにさらされていたり、睡眠不足などによってストレスをうまく解消できずにいたりすると、ストレスが当たり前の状態になって身体感覚が鈍っていきます。すると、第2、第3段階での変化にも気づくことができずに第4段階に至り、その後、そのままにしておくとうつになってしまうこともあります」(今枝先生)

次ページ脳で感じる以上に身体は疲れている
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
JR九州“脱鉄道”の成算

今年、上場を果たしたJR九州。豪華寝台列車「ななつ星in九州」は話題になった。しかし、人口減少などもあって鉄道事業の先行きは暗い。成長は非鉄道事業の成否に懸かっている。