人材活用ランキング、首位はソニーと東芝

2013年版「CSR企業ランキング」部門別ベスト30

財務で首位は国際石油開発帝石

財務は、先日発表した新・企業力ランキングと同じデータを使用。収益性、安全性、規模の3分野、合計15項目で評価した。トップは国際石油開発帝石。2位NTTドコモ、3位武田薬品工業と続く。

30社のうち総合10位にランクインした企業は5社。財務力があり、CSRにも力を入れる企業が増えている。

さて、持続的にCSR活動を進めるためには、財務力は欠かせない。本業でも適正な利益を上げ、CSR活動にも励む。こうした姿が「信頼される会社」として長く存続するために必要なことといえるだろう。

次ページ調査項目の詳細
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
ゼネコン 絶頂の裏側

329社増益率ランキングでわかるゼネコン業界の絶好調ぶり。一方、リニア談合疑惑が浮上し、先行き不透明に。五輪後は不況に逆戻りか。秘密の人脈図、年収増減ランキングも掲載。