「雑然子ども部屋」が見違える!プロの収納術

散らかる要因は子どもの年齢によって変わる

まずは子どもに任せるというつもりで見守りましょう

モノが多くて散らかりがちな子ども部屋。どのように収納スペースを作っていけばいいのか悩ましいところです。わが家も子どもの成長とともに試行錯誤していますが、なかなかキレイを保つことができていません。

そこでアイリス収納・インテリアドットコムの奥村さんに、子ども部屋収納のコツを聞きました。

散らかる原因が何かを知ろう

当記事はマイカジスタイル(運営:花王)の提供記事です

「子ども部屋が散らかる原因を挙げてみると、『モノが多い』『収納場所が少ない』『モノの定位置が決まっていない』『収納場所が不便な場所にある』『収納が細かく仕切り過ぎていること』などです。これらをひとつひとつ改善し、子どもでも収納しやすい環境を作れば、散らかることが減っていきます」と奥村さんは話します。

「まず最初に行うことは、必要なものと不要なものを分けること。これは年齢によって変わってくると思うので、定期的に見直しましょう。そして必要なものの収納場所の定位置を決めることです。

このときのポイントは、子どもと一緒に決めることと、あまり細かく決めすぎないこと。大雑把な収納でOKなのです」

次ページなぜ「子どもに任せる」が大事なのか
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
情報の裏側<br>ググるだけではカモられる

スマホの登場で簡単に情報を手に入れられるようになった。一方、エセ情報も氾濫。情報洪水の舞台裏と、荒波を泳ぎ切る実践スキルを紹介する。佐藤優氏、池上彰氏…情報賢者が登場。