米ホテル大手、ドバイ“臨時本社”の皮算用

スターウッド、幹部200人そっくり移転

真の国際企業は世界中に本社を移すのも厭わない――。とはいえ、幹部スタッフを含めた本社機能を海の向こう、地球の裏側までそっくり移転するとなると、グローバル企業の中でもかなり異質だろう。

世界的なホテル大手、スターウッド ホテル&リゾート ワールドワイドが、3月5日から約1カ月間、本社を米国・コネチカット州から中東・アラブ首長国連邦のドバイ(写真はドバイの街並み)へ一時移転している。日本スターウッド・ホテルで代表取締役を務める橋本和宏・統括開発部長も、「同業、非同業を問わず、ほとんど例がないのではないか」と話す。

本社200人がそっくりドバイ移転、株主総会まで

スターウッドは世界100カ国で1100を超すホテルやリゾートを所有・運営し、特に高級ホテルカテゴリーでは世界首位。主要なホテルブランドには『ウェスティン(Westin)』『セントレジス(St. Regis)』『シェラトン(Sheraton)』などがある。前2012年12月期の売上高は63.2億ドル(前期比12.3%増)、営業利益9.1億ドル(同44.8%増)と業績は好調だ。

スターウッドがドバイで運営している「ウェスティン・ドバイミナセヤヒビーチリゾート&マリーナ」

今回のドバイへの本社機能移転に当たっては、経営トップ層から幹部まで約200人が米州、欧州、アジア、ラテンアメリカ等から集結し、現地オフィスで経営の指揮をとる。

スターウッドがドバイで運営するホテルは14件あり、単一都市ではニューヨーク市に次いで2番目の多さ。さらに6件のオープンを控えている。

次ページ信長の“安土”築城といっしょ?
関連記事
Topic Board トピックボード
人気連載
Trend Library トレンドライブラリー
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

Access Ranking
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチ
あのころ銀行は<br>無茶苦茶だった

『住友銀行秘史』の著者で元・住銀取締役の國重惇史、元イトマン顧問弁護士の河合弘之、元長銀取締役の箭内昇。平成の金融バブルの最中に起きたイトマン事件の真相と教訓を語る。