激辛好きを魅了する「伝説の麻婆豆腐」とは?

あまりにも魅力的な超絶的辛さの正体

化学調味料や片栗粉すら入れず、旨味を丁寧に引き出している一皿

ネットで話題の激辛麻婆豆腐

「東京カレンダー」(運営:東京カレンダー株式会社)の提供記事です

原宿に、ネットで話題の激辛麻婆豆腐があるのはご存知だろうか? 表面張力がすごいビジュアルと辛さに驚くだけではない。

知られざる魅力が他にもある。今回は、そんな『東坡 (トンポー)』に注目しよう!

厨房で唐辛子と火に奮闘する店主

34年の歴史を感じる麻婆豆腐の名店といえばこちら!

裏原宿にひっそりと佇む老舗中華店『東坡』。中国・大連出身の店主、諏訪漢宙氏が34年前に来日してこの店はスタートした。

カウンター席13席、4人掛けテーブル席1つの小さな店内。日本語を話せず、0からのスタートで苦労してきた。

いまでは激辛好きなら知らないものはいない麻婆豆腐の有名店として、人気を博しているのだ。

前菜も絶品!タコきゅうりサラダ¥2500

空腹で食べるなら、激辛の前にはまずこちら!

『東坡』には、独自のオーダールールがある。客の誰もが頼む激辛の麻婆豆腐を、ファーストオーダーで口にするのは禁じられている。これは覚えておこう。

空腹時に胃に負担がかからないよう、他の辛くない料理から食べなければならない。一皿2~3人前の量あるものばかりだから、慎重に選ばねばならない。一見強面な店主に前菜の中でオススメを聞くと、「全部!」と答えられそうだ。

次ページ店主自ら築地まで足を運び目利きしているタコ
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
新型機「スイッチ」がヒット<br>任天堂の復活は本物か

任天堂の「Switch(スイッチ)」は発売から半年以上を経ても品薄が続く。開発キーマンを直撃。さらに君島達己社長にもインタビュー。「この業界は天国か地獄。今は天国が見えてきた」。