疲れ目対策の新定番、エビ・カニ・サケの底力

「アスタキサンチン」は美容効果だけじゃない

「目にいい食べ物=ブルーベリー」だけではありません!(写真:tycoon / PIXTA)

SNSの普及に加え、最近では超人気ゲーム「ポケモンGO」も登場し、朝も晩も、ますますスマートフォンが手放せない方が増えていることでしょう。すると、やはりその陰で眼精疲労に悩む人口が増えつつあります。

オフィスでも1日中パソコンとにらめっこ……などと、酷使し続けられる私たちの目。ところで近年、サケやエビに含まれる赤い色素成分「アスタキサンチン」が眼精疲労を軽減するカギになるとして、注目を集めているのをご存じですか? 早速、詳細を見てみましょう。

赤のパワー、「アスタキサンチン」の正体

この連載の記事一覧はこちら

眼精疲労対策といえば、ブルーベリーやナスに含まれる紫の色素成分「アントシアニン」が有名ですが、それだけではありません!

ここ数年、サケやエビに含まれる赤い色素成分「アスタキサンチン」に眼精疲労防止の効果があると報告され、機能性表示食品も徐々に増えてきています。

アスタキサンチンは、鮮やかな色のもとになっている天然色素成分・カロテノイドの一種で、サケの筋肉(可食部の身)、エビやカニの甲羅などに含まれています。

アスタキサンチンには抗酸化作用があることで、以前から化粧品や美容食の成分としても注目されていましたが、眼精疲労の軽減には、どのように作用してくれるのでしょうか?

次ページビジネスパーソンの毛様体筋は緊張しっぱなし!
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
インテルの<br>パラノイア的技術経営

インテル中興の祖、アンディ・グローブ。数々の英断で、プロセッサー半導体市場で無双の企業を作り上げた。グローブの愛弟子である、インテル全盛期のトップが語る技術経営の神髄。