街中に隠された本を探す「ブックGO」とは?

ベルギーの小学校の校長先生が考案

[ブリュッセル 26日 ロイター] - ベルギーでは今、小学校の校長先生が「ポケモンGO」からヒントを得て考案した企画が大人気だ。これは、参加者がポケモンの代わりに街中に隠されている本を探すというゲーム。

フェイスブックの「Chasseurs de livres(ブック・ハンター)」というグループに参加している人は、投稿された本の表紙やヒントをもとに街中に隠されているこの本を探す。本を見つけて読み終えたら、また、他の場所に隠す。

このゲームを企画したAveline Gregoireさんは「本を整理していたら、しまっておく十分な場所がないことに気が付いた。ポケモンGOで子どもと遊んだことを思い出し、本を放出するアイデアが浮かんだ」と語っている。数週間前に始めたこのゲームだが、今や4万人以上がグループに登録している。

隠されている本は、子ども向けの絵本からスティーブン・キングのホラー小説まで様々。雨にぬれてもいいよう、たいていクリアケースに入れられている。朝の散歩中に本を探すことが日課になっている人もいるという。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!

※過去48時間以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※過去1ヵ月以内の記事が対象

※週間いいね数のランキングです。

トレンドウォッチAD
ジリ貧からの脱却<br>リース反攻

リース取扱高は10年で4割減少。伸び悩む設備投資、低迷する利ザヤ、規模拡大の限界…三重苦にあえぎ、かつての市場規模は望めない。リース大手3社トップが語る生き残り策。